大田原商工会議所
The Ohtawara Chamber Of Commerce and Industry
「第1回街並み景観コンクール 大賞決定」
<2013.04.01>
 大田原市中心市街地活性化協議会は「第1回みんなで選ぶ中央通り街並み景観コンクール」を開催し、去る3月14日の審査会で、市民景観賞、街並景観大賞、特別賞を決定しました。
 当協議会は中央通り(旧国道400号)の街路整備事業に併せて、街並みの統一を図ろうと「おおたわら・和スタイル」をコンセプトに「街並みづくり協定書」を策定しました。この協定書に沿って建てられた建物のうち、12点が立候補し、2月1日から28日までの1ヶ月間市民による投票が行われ、299人、504票の投票がありました。

 市民景観賞は市民の得票数が一番多い、106票を獲得した「並木園」が受賞されました。また「街並景観大賞」と「特別賞」については、審査委員会で審査を行い、街並景観大賞として、市民景観賞を受賞した「並木園」がダブルの受賞となりました。特別賞には「吉田時計店」が受賞されています。
受賞した建物の審査講評は、次の通りです。
 市民景観賞・街並景観大賞
『お茶の並木園』
特別賞
『吉田時計店』
 
 建築物の沿道部は、日本瓦を用いた入母屋屋根とし、屋根妻壁には木製格子を配し、落ち着いた和スタイルの表情を有した建物である。通りから望見できる南側の軒には化粧垂木現しを採用している。また駐車スペースの接道部には、建物と一体化した塀を用いて街並みの連続性を図り、その前面には植栽を配するなど、細部に至るまで景観的な配慮がみられる。お茶屋を長年にわたり営む商店建築にふさわしい伝統と風格を有し、木のぬくもりとあたたかさが感じられ、街並みをリードしていく建物であることから街並景観大賞の受賞となりました  一階通り沿いに時計店舗を配した店舗兼用住宅である。陸屋根でシンプルな箱型の建物であるが、焦げ茶色の壁面とアクセントカラーの黄金色を用いた大きな格子とのコントラストが美しく、和のイメージを現代的に表現した建物である。通り沿いに設置された地上からの看板は巧みにデザインされており、大きな格子と共に街並みをつくる重要な要素となっている。また夜間は、建物内部からの透過光が格子を通して優しく光り、あたかも『行燈』をイメージする明かりを演出している。これら光の演出は、看板のライトアップと共に、夜間の街並み形成に大きく寄与するものであることから特別賞の受賞となりました 
大田原商工会議所
〒324−0051  栃木県大田原市山の手1-1-1皇漢堂ビル1F |案内MAP入会案内
TEL0287−22−2273 FAX0287−22−7643  
E-mail:info@ohtawaracci.or.jp
The Ohtawara Chamber of Commerce and Industry. All rights reserved