大田原商工会議所
The Ohtawara Chamber Of Commerce and Industry
「茨城・群馬・栃木
 三県商工会議所交流会議を開催」
<2013/08/01>
…東日本大震災後を見据えた魅力ある700万圏域の躍動に向けて…

茨城・栃木・群馬三県は、平成23年3月の北関東自動車道の全線開通を機に広域的な交流と連携の促進を開始しました。

そのひとつとして、三県の商工会議所が連携を強化し、一層の振興を図り将来に夢と希望のもてる地域づくりを目指して、7月11日に那須町ホテルエピナール那須において、福田富一栃木県知事・津久井富雄大田原市長をご来賓にお迎えし4回目となる交流会議を開催しました。当日は3県28商工会議所の正副会頭130名が参加し、次の三県共同要望を決議しました。

三県共同要望

東日本大震災関連と中小企業支援

・福島第一原子力発電所事故の早期収束と安全確保

・風評被害・間接被害対策の推進

・農林水産物・食品の海外ビジネスへの影響及び風評被害防止

・電力の安定供給確保と電気料金抑制

・公共インフラ機能の整備充実

・省エネ対策の推進

・BCP策定

産業振興

・北関東三県連携による産業振興施策の推進

・内陸部と港湾間の物流支援施策の推進

・港湾の振興と産業の活性化

・茨城空港の利活用の推進

・定期高速路線バス運行への支援

・中小企業支援機関(国等公設機関)の開設

・公共工事における発注時期の平準化

観光振興

・北関東三県の魅力情報発信と観光資源連携等による広域的な観光ルートの策定

道路・鉄道の整備促進

・北関東自動車道各インターチェンジにアクセスする道路等の備促進

・北関東自動車道へのサービスエリア及びPA・SA接続型スマートICの設置等促進

・首都圏中央連絡自動車道の整備

・高速道路等における電気自動車用急速充電設備設置の促進

・一般国道の整備促進

・JR両毛線及び水戸線の利便性向上


危機管理対策

・東京圏の機能分散とバックアップ施設の整備促進

 次いで三県それぞれのトピックス紹介では、栃木県商工会議所連合会を代表して、ご当地となる玉木会頭が那須地区の現況等を紹介しました。

 交流会議後は記念講演として、「成長戦略としての医療機器産業」と題し、東芝メディカルシステムズ椛樺k役小松研一氏による講演がありました。

また、12日には大田原市の東芝メディカルシステムズ鰍笂ケの駅那須与一の郷、くろばね紫陽花まつり、大雄寺の視察見学会も行われました。

大田原商工会議所
〒324−0051  栃木県大田原市山の手1-1-1皇漢堂ビル1F |案内MAP入会案内
TEL0287−22−2273 FAX0287−22−7643  
E-mail:info@ohtawaracci.or.jp
The Ohtawara Chamber of Commerce and Industry. All rights reserved